So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ここはサバンナ [かわいい]

66447001.jpg
うん?!乗り込んだ車両の床が見たことない模様に、、
地下鉄と乗入の北大阪急行、いろんな車両があって今回はどれ?の楽しみがある
また新しい車両かな、、と目を上に向ければ

     turi.jpg
     なるほど、すべて映画広告の中でした

66841667_660.jpg
すべての広告スペースがライオンキング一色
時々ある全部一つの広告、続きものになってたり、面白くて、遭遇するのが楽しみ!
でも床までデザインされているのは、知る限り初めて
砂を踏みしめて歩く通路なんて、なんかワクワクしちゃいます
見に行きたくなるわ、うまい!宣伝効果バッチリ
     yjimage.jpg

 *車内で上手く撮れなくて、画像はWEBからお借りしました
nice!(0)  コメント(0) 

萬福寺 [文化]

P7062385 (2).JPG
これは、とても有名なお魚くん、「開版」魚板、木魚の原形とか
コロンと太ったお腹は空洞です、今も時を知らせたるのに打たれているそうです

ここは、黄檗宗の大本山「萬福寺」江戸時代の中国様式のお寺
中国福建省から隠元禅師さんが渡って来られて開創されました
入口、総門は縦長のプロポーションで、小さく見えるのですが、
   P7062409 (2).JPG

結構大きい、入口の開口部が幅4m高さ4,5m位あります
入って鍵の手に曲がっての山門は、ほらこんな立派

      P7062373 (2).JPG

キュっとまとまったお寺のイメージを持っていたのが、大間違いでした
そうですよね、大国、中国のお寺です!回廊の途中に鐘があったり、
       P7062396 (2).JPG

脇に入ればこんな塀と門
 P7062407 (2).JPG

   その先の売茶堂は、お茶の保存庫なのでしょうか?
      P7062405 (2).JPG

   扉には、福福=蝙蝠が2匹。縁起もの、素敵なデザインです 
      P7062406 (2).JPG

   日本の寺院とは、また違った風景が面白かった、そして
   現在もたくさんの僧侶の修行しておられる大切な場所です



nice!(0)  コメント(0) 

あじさい寺 [旅空]

あじさい寺と言われるお寺さんは、日本にいくつあるのでしょう
紫陽花は、炎天下よりしっとり曇り空が似合いますね
梅雨の曇り日、宇治の三室戸寺さんへ、
ここは西国観音霊場十番札所、山門を潜ると、緑の庭園が

P7062338 (2).JPG
あじさい園の開園も今年は明日でお終い、花は多くはなかったけれど
ふんわか緑の中に花の色が可愛らしく、自然な庭園が好もしい

庭園を見下ろしながら小道を行くと、本堂への短いけれど急な石段
足元に建てられた石柱「ようおまいり」が、出迎えてくれました

     ようおまいり.jpg

本堂はこの季節、幽玄の美、蓮の花に飾られていました

    P7062342 (2).JPG

本堂、阿弥陀堂、三重塔など建物はきゅっと身を寄せあって在りました
その分?5千坪の庭園をゆっくり散策です

        P7062367 (2).JPG

三室戸寺を出て、宇治だもの、茶そばと抹茶アイスのお昼ごはん
一駅となりの黄檗、萬福寺さんへも寄りました。次回へつづく、、

さて三室戸寺さんでの、私の可愛い!

   ema.jpg


nice!(1)  コメント(0) 

石切さん額田 [山]

雨の予報が少しずつ快方に向かって、なんとか降られずに歩けました
生駒山へ、石切神社から、上へ上へ
P6232335 (2).JPG
こんなお天気の日でも早くから参拝の方。お百度参りの方も多い、だけど
1回行って帰って、社に手を合わせて、また往復がその行い方ではなかったっけ?
とにかくグルグル、連続で回っている人が大勢。目が回ると思いますが、


石切さんは「でんぼの神様」参道には、漢方薬のお店が並んでいます。
赤マムシの坂本は有名ですよね。ホルマリン漬けのマムシが今もあるのでしょうね
こちらは、小さいお店だけれど、ずーっと昔から変わりません
この眉毛の下がったダルマさんの看板もずーっとおんなじ
     P6232336 (2).JPG

近鉄線を越えて、大きな水車がありました。こちらはもう観賞用でしょう
漢方薬を挽くのに以前はあちこちにあって、独特の匂いがしていたものです
    P6232340 (2).JPG

そして生駒山、山頂すぐ下の額田園地は紫陽花が盛り
斜面につづら折りの道脇に白、ピンク、青、紫
  P6232351 (2).JPG
       P6232349 (2).JPG
    雨の時期の目の楽しみです。久しぶりのハイキングでした


nice!(0)  コメント(0) 

バーナード・リーチさん [文化]

イギリス人だけれど日本の陶芸家、と言っていいんじゃないかと思う
バーナード・リーチ、没後40年展、大山崎山荘美術館で今日まで
母が好きだったから、子供の頃から知っていて、今もずっと好きです

香港で生まれて、幼いころを日本で過ごし、英国から大学生でまた来日して
陶芸に魅せられた彼。日本のあちこちで学びながら作陶した作品たち
どれも温かくて、心にしっくりはまる
その土地に根差した民藝は、世界中 根っこが繫がっている、一緒だと思う
温かくて、華美にならないで、でもとっても素敵で、、

何かね、きれいな絵付けの磁器よりも
土臭いものに惹かれてしまいます
人の手の温もりが、作る力・気持ちがそのまま伝わるからでしょうか

BLeach.jpg

リーチの鳥やウサギの絵、愛らしいんです
大皿も小さな筆架も、茶も赤も白も、素敵なんです


nice!(1)  コメント(0) 

半歩遅れての花の寺 [山]

京都洛西の花の寺「勝持寺」に詣でようと
花には少し遅いけれど、山支度で出かけた、4月の13日土曜
駅からバス20分歩いて少し、先ずは、大原野神社です

P4132140 (2).JPG
      P4132146 (2).JPG
こちらは別名「京春日」、紫式部はこちらを氏神としていたと、由緒正しき神社
森の中だけど、明るく気持ちの良い、「昔も今も」を感じる所でした
本殿を守っているのは鹿たちです
      P4132144 (2).JPG

境内から脇道へ入って、目指す勝持寺さん
P4132184 (2).JPG
     P4132163 (2).JPG
こちらのご本尊は薬師如来様。左手に載せた薬壺から薬を摘まみあげておられる
実際にお薬を与えて下さる、珍しいお姿、とても良い表情です
こちらのお姿に会いたくての、この日

北面の武士であった佐藤義清、西行が出家したのもこのお寺
若き日の法師象は気難し気に、感じられました
有名な西行桜の花はもう散っていましたが、

P4132181 (2).JPG
     P4132173 (2).JPG
    花の寺の名にふさわしいこの日の境内でした

そこから、山道を金蔵寺へ向かう途中「小塩山のカタクリが満開」と
偶然に行き交った知人に聞いて、この日はパスのつもりの小塩山へ上がる
鹿などに食べられるようにネットで保護されて、いっぱい咲いていました
     P4132194 (2).JPG
以前、春に剱岳への登山道で見たのに比べ、こちらは大ぶり
カタクリは西日本では、涼しい山に局所的にしかないそうです

下って金蔵寺さん、思ったよりも大きな立派なお寺でした
いくつもお堂があって、気持ちよく京都の町を見渡せる場所も。
P4132217 (2).JPG
     P4132222 (2).JPG

小塩山へ寄り道、寄り山したため、善峯寺へ足を伸ばすのは諦め
ここからまたテクテク、大原野神社側の起点バス停へ戻りました
バス停からバス停まで、ぐるっと4時間半ほどの行程、花ハイキングでした



nice!(0)  コメント(0) 

京都とアート [文化]

五条から四条の間、もう一度うまく遭遇できるかは?
先日のブラリの時の、発見
  P3092087 (2).JPG
今はもう営業してない、なにかのお店?の通りから見える袖壁タイルアート
元永定正さん、なんともユーモラスでカラフルな作品たちや絵本で有名
こんな場所で出会えるなんて、愉快~
京都って、芸術の街です

3月末には、京都の大丸ミュージアムで ヨシダナギ写真展「HEROES 2019」
TVで紹介されていて、これは!と見に行きました
少数民族の美しくたくましい生命力が、ありました

P3272131 (2).JPG
ブロンズに身体を塗り上げて、正装の女性たち

私が素敵!とにっこりした、草木で自分を飾るスリ族の少女
    P3272137 (2).JPG
どんな、飾りよりきれいです
古今東西、老若男女、みんな自分を飾るのが楽しい、好きなんですね
誰もがおしゃれができる平和な世界が願いです



nice!(0)  コメント(0) 

京都ブラリ [文化]

京都は龍谷ミュージアムから風俗博物館を覗いて、
そのまま四条へブラリ、気ままに路を選んで上がって行った。その途中、
天神様のお社に行き当たりました。小さいようで3方から参道があるなかなかの神社
菅大臣神社は道真公の生誕地だと、後で調べて知りました

P3092089 (2).JPG

社殿の前、右の阿形の狛犬、何やら左手に、巻き付いています
P3092094 (2).JPG
   回ってみれば、仔獅子のようです
P3092097 (2).JPG

左の吽形の狛犬、なんだか顔が猿っぽい、こちらは右手を挙げてる
P3092095 (2).JPG
どちらも、他では見たような記憶がありません
面白い発見?京都は、ただ歩くだけで、楽しい


nice!(1)  コメント(0) 

弥生三日 [かわいい]

雛の節句、我家のお雛様は当面
   P3032052.JPG
廊下壁の日本手ぬぐい。広げて上下を棒に留めて描けるだけ。
畳んでしまったら、小引き出しの中に納まってしまいます。
どこかで可愛い雛人形に出会う日は、いつでしょう

可愛いつながりで、実家の面々を紹介

  P2242046.JPG
1月7日に14歳になりました。ミックスのナナ。うちで生まれました
もう、ええお歳なんだけど、なんだかあどけない、このお顔

  P2242049 (2).JPG
食いしん坊の男前猫、マーはテーブルの上だろうが、シンクの中だろうが
食べ物を求めて、神出鬼没。3匹の猫たちは皆甘えん坊

  P2242048 (2).JPG
この子は、ご存じドラちゃん、笑顔がとってもイイね。九谷の生まれです



nice!(0)  コメント(0) 

節分 [文化]

節分 豆まき、鬼は外~

豆も鰯も買い損ねました。不覚!

鬼はあちこちにいますね、日本人は鬼好きみたい
こわいけれど、災いすることもあるけれど、災いから守ってくれたりもする

P1042009 (2).JPG
P1042013 (3).JPG
お正月に行った、京都は泉涌寺さん。皇族の菩提寺
舎利殿の鬼瓦が、阿吽になってるのを見つけました
南が「あ」北が「うん」でした。今までに他で気づいたところはありません

P1041997 (2).JPG

  その名の由来の湧水、800年の昔から変わらない水音が頭の芯に沁みました
  静かな、東山の一角


nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -